ネットショップ運営とヤフーオークション

それぞれの、インターネットビジネス

昨日のブログでは、インターネットビジネスを、14種類も並べました。

まだ、あると思いますよ。

 

いづれも、

①インターネットを利用する。

②インターネットで得られる情報を利用する。

14種のインターネットビジネス

インターネットが普及し始めたのは、1995年くらいですか!

確か、1996年に、大学開放講座で、インターネット概要と、

ホームページの作り方と言うのを、3時間で4,500円で受けた記憶があります。

14種類を、駆け足で、説明します。的確な説明になっていないかもしれませんが、

分かっていただければ光栄です。

一番目 ネットショップを運営

これは、画期的ですよね。

今まで、売りたい物を持っているのに、売ることができなかった人が、

リアルのお店を開店しなくて、売れるのですから。

インターネットが始まって、一番早く取り掛かったビジネスだと思います。

 

ただ、ネットショップ出すまで、大変だったと思われます。

ネットショップのシステムのソフトウェアが、完成度が低くて、

受注、支払い方法、入金確認、発送、発送通知、受領確認、

いろいろ大変だったと、想像します。

今は、安い費用で、ネットショップを作ってもらえるし、

無料ソフトウェアのワードプレスで、自分でも作れてしまいます。

2番目 ヤフーオークション

これも早かったですよね。

売り手側は、質屋や、リサイクルショップより、ずっと高く売れます。

最初は、不要品を売り、そのうち、必要なものまで売ってしまい。

支給された制服を、高値で売ったなんて、聞いた事があります。

最後は、利益目的で、どこかで仕入れて来て、高値で売ります。

どのくらいで売れるかは、オークファンで調べられます。

 

買い手は、今まで、とても手に入りそうもない物が買えます。

いかに安く、確実の入札出来るかのテクニックが必要です。

この本、いいですよ。技術評論社の本て、結構いいです。

本ヤフオク攻略大辞典

 

 

 

 

 

著者の、山口裕一郎さん、たくさん良い本を出しています。

ヤフオクの売買の手続きが、ずいぶんと簡単になりました。

評価制度が確立しているので、インチキ、ダマシは、ほとんどないのでは!

このページの先頭へ