アマゾンに出品して販売してもらう!

アマゾンに出品して販売してもらう

昨日のブログの、ヤフーオークションですが、

落札するのは、簡単です。

出品も、数回やれば、慣れます。

 

でも、インターネットビジネスをやるには、あの本を熟読して、

とりあえず、ヤフオクを極める位の情熱が必要なのです。

やらなければ、なにも実現しません

三番目 アマゾンに、出品して、手数料を払って、販売してもらう

日本のアマゾンに出品して、販売するって、本当に簡単です。

全く初めての人が、アマゾンのアカウントを取って、数品目を出品するまで、

30分もかからないと思います。

 

自分のネットショップを立ち上げる事に比べたら、雲泥の差です。

100倍も1000倍も違います。

なぜなら、アマゾンが全てを用意してくれているのです。

 

1品目の出品なんか、商品の説明文をコピペすれば、1分かかりません。

 

商品を、事前に、アマゾンの倉庫に送っておけば、発送まで、やってくれます。

注文が入るたびに、梱包して、伝票を書いて、郵便局に持って行くって、

数が増えると、ものすごく大変です。

 

出品した商品の紹介、受注、代金徴収、発送をアマゾンが、

全部やってくれるのです。

 

こんな例があります。

アマゾンが送った物が届かない、受領してもらえない、受け取ったが、

未使用でアマゾンに返品されました。

アマゾンは、商品を検品して、問題がなければ、徴収して金額を全額返金します。

商品は、次のお客様に売られて行きます。

 

売上代金は、2週間に1度、指定の銀行講座に振り込まれます。

 

前回のブログの、ネットショップ立ち上げは、売る物をたくさん持っている、

事業者を対象にしていますが、

これに対して、アマゾンに出品して販売は、

個人でも出来るのです。

 

不要品、あるいは中古品の、1個からでもいいのです。

 

アマゾン出品、販売を、ビジネスにする

こんなに、簡単に出品して販売出来るのなら、ビジネスになりますね。

さまざまな所から、安く仕入れて来て、アマゾンで売ればいいのです。

 

いわゆる、転売です。これを”せどり”と言うそうです。

 

利益が出るのでしょうか? ←利益出ます

不死身のシニアの友人は、週に3回の仕入れで、月商200万、利益50万です。

もちろん、いつ、どこで、何を仕入れるのか、これを、いつ、いくらで売るか、

大変なノウハウです。

 

そのノウハウを駆使して、週3回の仕入れは、確かに大変です。

しかし、アマゾンの倉庫に送るのは、、大きなダンボールに、ガサガサいれて、

送れば、アマゾンが、個別に梱包しなおして送ってくれるのです。

週3日で、月収50万、どうですか!

 

月収50万クラスの、ノウハウは、コンサルタント契約をして、

1対1で教える事も出来ます。

コンサル料の相場は、1人30万円から50万です。

 

何か気が付きませんですか!

あえて、書きませんが、賢い人は、きっと気が付いていると思います。

メルマガ準備中です、ご期待ください。

 

仕入れるものは?

新品と中古品品では、新品の方が、ずっと楽です。

 

中古品は、状態によって、アマゾンが細かくランク分けしています。

①ほぼ新品 ②非常に良い ③良い ④可

 

ランク分けは、出品者がしますが、正直にやらない人は、50回に1回位、

ひどい目にあいますよ。

購入者から ”ふざけるなよ なんでこれがほぼ新品かよ”

そして、最悪の評価1をもらいます。

何回か続くと、出品停止になります。

 

例えば、中古品のDVDは、キズがないか丁寧に検品して、クリーニングして、

OPPフィルムで、丁寧に包装して、丁寧な説明文を書いて出品です。

 

売れたら即、お礼のメールを出した方が、いいのです。

100件に1回くらい、”買ったのに、お礼のメールひとつ来ない”

評価2 ←評価1よりは、マシですが、たまりませんね。

 

と言う訳で、中古品は、何かと苦労が多いですが、

うまくやれば、新品より利益が大きいです。

 

究極は、500円程度で仕入れた、ジャンク品を、動作確認をして、

10,000円以上で売る事です。

 

中古品を、販売するなら、古物商の免許を、必ず取ってください。

警察に行けば、2万円程度で、簡単に取れます。

説明文に、免許番号を書けば、売行きも違います。

 

アマゾン転売は、まだ続きますよ!

このページの先頭へ