アマゾン お客様の個人情報は漏らさないように!

アマゾン お客様の個人情報は漏らさないように!

私達アマゾンのセラーは、お客様の個人情報の保護に努めなければなりません。
 

 

注文が入る(お客様の支払いが確定する)と、受注管理表に記入します。

 

なにが売れたのだろうか。

住所はどこだろうか。

男性だろうか、女性だろうか、名前は。

電話は固定電話だろうか、携帯だろうか。

 

FBAからの発送でも、自己発送でも、

これらの情報が、私達セラー(売りて)に入ってきます。

これらの情報は、外部に漏れないようにしなければいけません。

 

お客様のメールアドレスだけは、わかりません

なぜでしょう。

メールアドレスは、今や大変重要で、価値のある情報なのです。

1件500円から5000円くらいの価値があります。

ですから、アマゾンはセラーにお客様のメールアドレスを教えないのです。

 

なぜ、メールアドレスにそんなに価値があるのでしょう

物を買ってくれた人のメールアドレスなのです。

しかも、買った物まで分かるんです。

この人に、他の商品の販売促進メールをガンガン送る事が出来てしまいます。

あるいは、メールアドレスを買ってくれる闇業者に売ることも出来てしまいます。

 

私達セラーの個人情報は!

特商法にのっとって、堂々と公表すれば良いのです。

 
携帯電話番号も書いておいた方が絶対にいいです。

クレームがあった時、慣れているお客様は、アマゾンとのやりとりでさっさと処理していまします。

 
アマゾンに、あまり慣れていない人は、アマゾンに電話を掛けるより、

不死身のシニアに電話する方が、絶対にいらいらしないはずです。

なぜなら、まず謝るからです。

 
全てのクレームは、故意(わざと)ではないですよね。

謝れば許してくれます。

 

アマゾンとは別に独自のショップを持っている人は、

商品に、お礼状に追加して、

住所、氏名、電話番号、メールアドレスを記入したりしています。

アマゾンだけで、ぽちぽち売っているシニアには、必要ありませんね。

 

守りましょう

自己発送や、その他の理由で、お客様になにかを送る時に、

送り状に、お客様の電話番号やメールアドレスを書いてはいけません。

送りての、私達セラーの電話番号は、必須の場合が多いです。

 
 

自己発送の商品には、”アマゾンマーケットプレイスの商品”

と書いたシールを張りましょう。

このページの先頭へ