アマゾンアメリカとアマゾン日本の違いは!

アマゾンアメリカとアマゾン日本の違いは!

アマゾンも、アメリカと日本とでは、全く違います。

 

アマゾンを利用した物販(転売・せどり)ビジネスを始めるシニアの方!

明らかに簡単な、アマゾン日本から始めてください!

 

しばらくして、慣れてくると、手を広げる余裕も出てくると思います。

作業時間に対して得られる利益を考えると思います。

 

アマゾンは世界中にあります。

アマゾンアメリカも是非検討してください。

 

アマゾンアメリカは?

①無在庫で運用出来る

現にたくさんの人が、無在庫で運用して、利益を出しています。

無在庫で1万点をこえて出品している人もいます。

何点出品しているかは、簡単に見れます。

 

不死身のシニアは無在庫から始めましたが、今は中断しています。

やはり登録したハンドリングタイムのなかで、

注文を受けたものを手に入れて、送るのが大変だったのです。

 

ハンドリングタイムとは、注文を受けてから、発送するまでの日数です。

デフォルトは2日ですか、無在庫では絶対無理ですので、4日にしました。

 

②返品先住所をアメリカに設定しなければならない

アメリカに、知り合いがいなければレンタルします。

FBAは、返品はFBAにされる。

 

③いろいろなお客様がいるので、いきなり悪い評価をつけられる事もあり、

顧客満足度指数を100に保つ事など不可能です。

 

④いろいろなバイヤー(売り手)がいるので、アマゾンの監視も厳しい。

 

⑤言葉の壁がいかんともし難い。

 

⑥売れ行きが半端でない

FBAでアミーボ50個が1日で売れてしまったそうです。

FBAでなく自己発送でも、アミーボはフィーバーしたそうです。

 

 

このように厳しい面があるのですが、

売行きが半端でないのが魅力なのです

FBAの商品は、アメリカ国内にしか配送しません。

しかし、世界中の人が、アマゾンアメリカから購入しています。

この人達に対しては、日本から自己発送で対応しています。

自己発送の売行きも半端でないのです。

 

当然日数がかかりますが、最長で1か月待ってくれます。

 

売上金額が100万円を超えてしまします。

 

輸出では、消費税の還付を受けられます

 

申告をすれば、8%の消費税が還付されます。

消費税は、最終的に消費した人が払うのです。

 

輸出では、仕入れた時に消費税を払っています。

輸出では、売った時に消費税がもらえないので、

払った分の払い戻しがあるのです。

 

税理士と契約が必要かもしれません。

月額で、2万から3万かかるかもしれません、

しかし、1000万仕入れていれば、80万が還付されます。

これは、大きいです。

 

日米の価格差を見ているうちに、輸入に発展するかもしれませんよ!

このページの先頭へ