アマゾンFBA送りの効率アップ

アマゾンFBA送りの効率アップ

アマゾンFBA送りも、効率アップしないといけないですね!

 

アマゾンの管理画面を見ると、全然売れていません。

なぜなら、売れ筋のものが、全部売れてしまって、在庫0です。

 

残っているのは、到底売れそうにない、中古のDVDや、夏物とか、

仕入れを失敗したものです。

最低価格でも売れないのですから、放おっておくしかないですね。

 

中古のDVDは、夜、20Km以上も車を走らせて行ったブックオフ、

せっかく行ったのだから、何か一つくらいと思って、

買ってしまったものです。

遠方地のブックオフでも、現品を送りつけて、返品の金額を、

振り込んでもらう事が出来ます。

うちの、古いDVDプレーヤーで、どうしても再生できないんですが! でも良いです。

もう、6か月もたっているのでダメです。

 

ヤフオク仕入れでしたら、

落札しよう、いやよそう、・・・迷ったらやめる。

これが出来ます。

 

 

みんな売れてしまって、在庫が一桁になったらいいですね。資金に面でも楽です。

しかし、売上100万/月の人は、継続して出品しているので、

いつでも、300から500くらいの在庫があるのでしょうか。

 

 

昨日、10/10 19:00に宅急便で、13SKU(13種類)合計44個を小田原のFBAに送りました。

ヤマト運輸メンバーカードがあるので、送り状は、ネコピットで発行して、

料金は969円です。1個あたり22円なので、上等ですね。

 

それでも、この発送に、2.5時間もかかってしまいました。

ダンボール箱は、305*335*270h 1個です。

若い人は、何をやるのも早いんでしょうが、そんな早く出来ません。

間違えは、許されないからです。

 

宅急便は19時までなので、あせりました。

作業時間を短縮しましょう・まずは昨日の反省!

1.何を送るかを決めておかなかった。

2.小さなものを、事前に商品ラベルが貼れる大きさの、OPP袋に入れておかなかった。

3.説明文を入れる商品の説明文を用意していなかった。

4.ラップを巻いてラベルを貼るもの、事前に巻いていなかった。

5.SKUを使っていなかったので、似たような商品があり、何度も何度も、確認した。

こんなところです。

改善しましょう!

1.2.3.4. は、事前にすましておかなければいけません。

5.SKU は有効利用しましょう。

SKUとは、商品を出品する時に、自由に入力出来る項目です。

無記入ですと、アマゾンが機械的に決めてしまいます。

SKUの利用方法

不死身のシニアの場合は、連番と、商品名にします。

似たような商品が多いものですから。

ここで間違えたら、絶対にいけません。

 

“違う商品が送られて来ました 評価1”  です。

他の人はどうでしょう。

日付と連番   仕入れ価格と連番

ここまで値下げしても良い価格と連番等ですかね。

昨日10/10にFBAに送ったもの、在庫データが間違っています

今日10/11 17時、日曜なのに、もう在庫に乗って、いくつか売れています。

 

9個しか送っていないのに、在庫が10個になっています。

新しく登録した商品なので、在庫が1個あったとは、ありえません。

 

2個送ったものが、売れて、3個発送準備中になっています。

商品ラベル発行控えをみても、ラベルの発行は合っています。

 

FBAの人が、バーコードを余分に読んだらそうなってしまうのでしょうか。

納品プランで、数量は決まっているはずなので、どうなっているのでしょうか。

 

電話は通じないので、メールで問い合わせる事にします。

アマゾンアメリカに大量出品している人見つけました

アマゾンアメリカ20151011

この人、118,258品目を出品しています。

この人、評価がまだ少なくて、初心者です。

 

こんなに多いの、始めて見ました。

1品目が2000円としても、とんでもない金額、

1品目の登録在庫が1個でなくて10個でしたら、その10倍です。

ただし無在庫でしょうから。

 

なぜ、アマゾンがOKしているのでしょうか。

おそらく、1周間以内に、1か月のアカウント停止になるでしょう。

そうしないと、売れたものが手に入らなくて、発送出来なくて、

大変な事になります。

2万点を出品している人とあいました

やはり、売れたものが手に入らない、手に入っても、1万円の赤字になる等で、

売り主側から、注文を断っているので、顧客満足指数がかなり低くなっているそうです。

そこまでして、無在庫で輸出をやりますかね。

 

不死身のシニアは、早々、無在庫輸出はやめました。

地獄ですよ。

 

いつか、時間が取れるようになったら、アメリカのFBA送りをやります。

鬼のように売れると、聞いているので。

このページの先頭へ