ベネフィットワンは課金ビジネスの大成功者

ベネフィットワンは課金ビジネスの大成功者

先日、カンブリア宮殿で紹介されていました。

ベネフィットワンは、まさに課金ビジネスの大成功者です。

ベネフィットステーション

 

カンブリア宮殿では、白石社長が、起業魂を熱く語りました。

決してスムーズ、2部上場まで突っ走った訳ではありません。

 

ベネフィットワンは、福利厚生の大手

ベネフィットワンは福利厚生サービスの大手です。

現在のベネフィットワンは、大手・中小の民間企業から、

福利個性をそっくり委託されています。

運動会までも!

大手の民間企業は、昔は、自前の保養所を持っていたりしましたね。

しかし、不況で維持出来なくなって手離しています。
 

また、要求が多様化して、同じ保養所を敬遠する社員も出て来ました。

大手民間企業が、ベネフィットワンと契約する事によって、

社員はベネフィットワンの提供するホテル、旅館を安く使用出来るのです。

 

行政まで、ベネフィットワンに委託しています

ハマふれんど保存版0

ハマふれんど保存版1

ハマふれんど保存版2

不死身のシニアの会社は、横浜市の中小企業です。

福利厚生は、ハマふれんどを契約しています。

 

ハマふれんどは、横浜市が市内の中小企業向けに行っている、

福利厚生事業です。

 

不死身のシニアは、はまフレンドを使って、

フィットネスの ティップネスを安く利用しています。

 

横浜市はハマふれんどの事業をベネフィットワンに委託しています。

 

物の販売とサービスの融合

白石社長は、物の販売とサービスの融合を考えたそうです。

サービスを考えた物の販売は ←安く売ること

これには限界があります。
 
もし、コストコのように会員制にすれば、自由な価格設定が出来ます。

会員が喜ぶ物だけを選んで、価格を安くする事も出来ます。

 

コストコの会員は、200万とも、400万とも、言われており、成功しています。

この200万の会員に、様々な新しいサービスを提供する事も出来るわけです。

 

ただ、コストコは、外国の物販の会社ですから、

日本で、新しいサービス事業は行っていません。

コストの記事

課金ビジネスのすごさ

毎月決まって入る課金は、そっくり利益にする事も出来ます。

会員を大切にするサービスをすれば、さらに会員が増えます。

数の力を全部享受出来るのです。

 

コストコ、すごいですね。

4000円*200万人 →80億円です。

 

私達、ブログを書いて、メルマガ読者を募集しています。

メルマガ読者が2000人にもなったらどうしましょう!
 

ベネフィットワンは課金ビジネスです

人数に応じた契約金となるのですから、課金ビジネスですね。

個人会員も募集しています。

月額 324円です。

 

不死身のシニアが応援している課金ビジネスの会社

不死身のシニアが、すこしばかり出資して、応援している会社は、

順調に、準備が進んでいます。

  ㈱サクライズです。
この会社、2014年6月25日に7人で設立されました。

現在は、社員30名ですが、

ネット通販の売上が、2億円まで成長しました。

 

2016年2月に、サクラモールをオープンします。

サクラモールの中に、300円/月で、

生活必需品が原価で購入出来る、

原価スーバーがあります。

原価スーバーチラシ3

サクライズ提供の画像を一部修正しています。
 
 
これが課金ビジネスです。

生活必需品が、原価で買える、
 

この会員集める事、どこにも無理が無いですよね。

チラシをもって、スーパーに行くより楽ですもの。

 
会員が増えれば、買い物以外のサービスも提供出来ます。

良いサービスを提供すれば、さらに会員が増えます。

期待しています。

このページの先頭へ