俺様価格と刈り取り

俺様価格と刈り取り

昨日は、日本は水に恵まれているなんて、のんきな事を言いましたが、

この大雨で大変な事になっている地域の方々に、

心より、お見舞い申し上げます。

 

 

アマゾンの出品されている商品で、とんでもなく高いもの、

これって“俺様価格”です。

売り手は俺様しかいないのだから、いくらで売ろうと勝手ではないか!

と言う理論です。

 

これって好きで無いです!

そんな高い値段で売りたくありません。

 

もっとひどいのは、普通の価格で出品している人がいるので、

それを買ってしまうのです。

 

“刈り取り”と言われています。

そうすると売り手はだれもいないから、俺様価格が実現する。

あまりいいやり方とは言えません。

買い占めですもね。

 

そんなの甘いよ、そんな事を言っているから、利益が出ないんだと、

言われてしまいます。

 

そうなんです。ケースバイケースで、程度の問題なのです。

いくつかのケースがあります

①新発売のCDやDVD

なんと言っても嵐ですね。

予約段階の価格や、発売後しばらくの間はプレミア価格で、

高くなっています。

 

これは、俺様価格とは関係ないですね。

たくさん仕入れて、しっかり利益を出す人と、

売れ残って赤字になる人がいます。

 

スピーディに行動して、ともかくカートをとらないと、

100枚以上なんて、そう簡単に売れません。

 

②古いドラマや音楽、ゲームソフト、本、雑誌、写真集のたぐい

これも、プレミア価格で、俺様価格とは関係ないです。

 

③生産縮小、生産終了品

これは、あまりにも高いと、問題になります。

 

何年もの間、新品で売られていた価格があるのです。

この価格と比較して、あまりにも高いのは、問題です。

特に、電池のような消耗品は、ユーザーが困ります。

 

無在庫輸出の落とし穴

無在庫輸出を始めた初心者が、

受注品を、仕入れられなくて困ることがあります。

 

無在庫は、在庫を持たないで、ツールを使って、

何千点も出品するのですから、この生産終了品に当たるのです。

 

外国の方は、生産終了なんて知らないし、当分の間売れ続けるのです。

 

売れたのに、とんでもなく高いものしか手に入らない。

アマゾンは、売り手から、注文を取り消すのを、非常に嫌がります。

ペナルティを科します。

 

そこで、仕方なく高いものを仕入れて発送すると、赤字になります。

5000円以下の赤字は、仕方ないですね。授業料です。

 

あるいは、あの手この手で、お客様がキャンセルしたようにするのです。

これも、何回もやれば、アマゾンが気づいて警告をだします。

アマゾンは、全てを知っているのです。

 

そうなんです。無在庫輸出の初心者いじめの、俺様価格はいけないのです。

 

三方良し

江戸時代の近江商人のポリシーですかね。

売りて良し、買い手よし、世間よしです。

日本の商人の美徳です。

三方良し

引用 三方良しを広める会のサイトから

 

日本の商人の美徳です。

外国のウィンウィンと違うのは、

売りてと買い手が結託して、価格操作をする事を、

悪としている事です。

日本的ですよ。

 

 

小細工して、買い手を苦しめて利益を出したって、

ろくなことはないはずです。

このページの先頭へ