カードとポイントはしっかり管理しよう!

カードとポイントはしっかり管理しよう!

シルバーウィークで少し時間が取れたので、

たくさんのカードを見なおしています。

クレジットカード ポイントカード プリペイドカードです。

ローンカードは、2枚しかありません。

ローンカードは、作成すれば、A8自己アフィリエイトで10,000万円を超える、

高額の報酬が得られます。しかし65歳の年齢制限がありました。

 

カード情報を収集する

クレジットカードとポイントカードは、web登録をしましょう。

 

登録しなくても使えますが、そもそもネットビジネス入門である、

自己アフィリエイトのために作ったものもあり、web登録して、

情報を収集して使いこなすとともに、継続の要・不要を決めなければなりません。

 

調べる項目

ポイントの付与率

これはリクルートカードプラスが、約2%で最高です。

三井ショピングカードのように、ららぽーとのみ2%のものもあります。

 

どこで買い物をした時にポイントが付くか

クレジットカードであれば、どこでもOKですね。

 

ポイントを何に使えるか

ローソンで使える   リクルートポイント→ポンタポイント

サークルKサンクスで使える  楽天スーパーポイント

アマゾンで使える  リーダーズカードポイント

ヤフオクで使える  Tポイント

 

この辺が分かりやすいのですが。

リクルートポイントは、じゃらんnetを始め、

使えるところが多岐に渡っています。

楽天のスーパーポイントもそうですね。

 

年会費の有無

シティカードの3000円が大きいです。

 

リクルートカード、リーダーズカードとも年会費がありますが、

年間使用金額が50万以上で無料です。

ネットビジネスの物販(転売・せどり)で仕入れに使えば、

ともに50万は行きそうですね。

 

利用枠(与信)

普通は50万、中には100万のカードもあります。

16枚のクレジットカードを合計すると、1100万にもなりますが、

こんなに仕入れは出来ません。

 

締切日 引き落とし日 引き落とし口座

ギリギリで運用している人は大切ですよ。

 

ログインURL ID PW

これが大切です。

意外と忘れてしまったり、最初からわからなかったりです。

電話をかけて聞けば、丁寧に教えてくれます。

一度ログインして、ID PW を変更しておくのもいいです。

IDは、メールアドレスの場合が結構ありますね。

 

カード情報を抜粋して表にしておく

エクセルの表がいいです。

ログインのセルには、もちろん、 urlを、ハイパーリンクしておきます。

 

ID はそのまま書いておき、PWはヒントと桁数を書いておくといいです。

ともかくログインさえ出来れば、全ての情報は入手できますから。

 

不要なカードはどれ?

シィティカード

これは、作らなければよかったです。

 

NTTグループカード

携帯の料金のキャッシュバックがあると聞いて作りましたが、

良く分からないです

 

OMCカード

タイエーで使っていますが、タイエーがイオンになってしまったので、

おそらく不要になる

 

アマゾンカード

アマゾンの買い物のみが、1.5%でその他は1.0%

あまりメリットがない

アマゾンの買い物で、このカードが優先され、面倒くさい。

 

不要カードはこの程度で、ヤマダ電気やイオン・・・・それそれ必要です。

しっかり管理して、使いこなせば、いいのでは。

 

細かい情報の管理

ID PW一覧

 
カード一覧

 
エクセルの表では、抜粋した情報とハイパーリンクで、

使い勝手のいいコンパクトな表が出来ます。

しかし、さらに細かい情報を残して置く必要があります。

 

シニアは、紙で残しても、どこかに行ってしまって、必要な時に使えない

 

情けないです。どこかにはあるのですが、必要な時にさっと見つからないのです。

 

情報が少なければ、ノートでも良いです。

なんと言っても時系列ですから。

 

しかし、たくさんの情報では、無理ですね。

探せません。

 

あなたは、どんな方法で大量の情報を管理していますか?

エバーノートと言うのを使いこなしている人がいます。

挑戦したいですね。

 

不死身のシニアは、MS-DOS のころ、

データベースⅢと言うソフトが、欲しかったのです。

高くて買えませんでした。

 

ところが1996年に大学の公開講座で、インターネットとホームページと

言うのが、3時間で4,500円であり、ここでHTML を教えてもらいました。

これは、データベースⅢ を買わなくても、データベースが作れると思いましたね。

 

それ以来、HTMLで個人用のデータベースベースを作って使っています。

データベースって、作るのは面倒くさいし、

大量なデータベースを一気に作る事は出来ません。

 

しかし、コツコツと継ぎ足してゆくと、結構使えるものになって行きますね。

機会があったら、説明します。

このページの先頭へ