クロネコメンバーズカードの景品をアマゾンで売ります

クロネコメンバーズカードの景品をアマゾンで売ります

ヤマト運輸メンバーズカード

 

クロネコメンバーズカードを作ったら、ポイントがたまり、

景品をゲット。

この景品、写真のトミカサイズのヤマト運輸のトラックです。

小さいけれど、ちゃんと箱に入って、丁寧に送って来ました。

 

写真も撮らずに、アマゾンのFBA倉庫に送り、現在販売中です。

早く売りたいから、慌てた訳ではなくて、ただ写真を撮るのを忘れました。

 

丁度、FBAに送りたかったものがあり、合計7点を送りました。

 

発送は、自宅がヤマト運輸のとなりなので、宅急便は高いのですが、

ついつい使ってしまいます。

 

19時30分までに持って行けば、次の日の午前中に、FBA倉庫に届きます。

早ければ、16時ころから、アマゾンでの販売が始まり、

1時間もしない内に売れ始める時が、結構あります。

 

以前のブログで、

アマゾンと共に進める、インターネットビジネスを紹介しています。

 

アマゾンが、個人の私達に、

ものを売る場所(マーケットプレイス)を用意くれたので、

ヤマト運輸の景品のようなものまで、不死身のシニアが売る事が出来るのです。

 

さらに、アマゾンが用意してくれた、FBAシステムは、素晴らしいです。

 

ダンボール箱に、7個の商品を、ガザガザ詰めて、FBAに送れば、

後はアマゾンが売ってくれて、梱包してくれて、発送してくれて、

代金は2週間に1回、自動的に振り込まれて、

さらに、返品、再販売まで、やってくれるのです。

最初は信じられなかったです。

宅急便は高いでしょうか?

確かに高くて、7個入りの箱1個で、1080円です。

しかし、この、メンバーズカードを使うと、1割引きで、972円です。

7個で割ると、139円です。

利益が1000円出ないものもあり、139円はチョット高いです。

 

でも、不死身のシニアは、会社勤めをしているので、いいのです。

送り状も、書かないでヤマト運輸に行って、

ヤマト運輸のネコピット(専用タブレット)で、

さっと送り状を発行して、このカードで支払うにですから簡単です。

 

以前に中古のDVDを30個を、ダンボールに詰めて、972円の時がありました。

一個当り、32円ですよ、安いでしょう。

 

でも、これ売れた時に、お客様宛てに、自分で送るとしたら、今は考えても、

ぞっとします。  自己発送と言います。

 

もちろん、FBF送りをやる前は、自分で発送していました。

 

さらに、輸出では、世界中のお客様に、ちゃんと梱包して、送りました。

輸出では、折り紙と折り鶴や、100均のまねき猫を入れてみたりしました。

 

2個位ならいいですが、10個なんかになると、夜中の3時位になってしまいます。

と言うことで、日本のアマゾンのFBA倉庫送りは、取り敢えず、宅急便でいいです。

クロネコメンバーズカードのポイントと景品

このカードを作ると、ヤマト運輸で発送した時の他に、送られて来た時も、

ポイントが付きます。

140ポイント貯まったので、このトミカサイズのミニカーをもらいました。

このミニカー、アマゾンで売れるの?

売れます!

この、景品のようなものは、最初は、アマゾンに登録されていません。

しかし、アマゾンに登録する事が出来るのです。

 

誰かが、写真を撮って、寸法、重さを測って登録してくれれば、

後は、その番号を使わせてもらえば、いいのです。

 

良く調べてみると、同じものが、3っつダブって登録されている見たいです。

どう見ても同じものと思いますが、値段がみんな違います。

新規に登録する時は、好きな価格に出来ます。

宅急便ミニカー1
 

宅急便ミニカー2
 

宅急便ミニカー3

一番高いものでなく、一番安い、1050円で出品です。

どうせただでもらったものだし、欲張って売れなくてはしかたが無いですから。

価格はいくらにする?

もちろん、1050円です。

 

一番安い価格が、1050円で、4人位出品しています。

 

1049円にして、他に人より早く売ろうなんて考えません。

みんなが、そのようにしたら、売値は、どんどん下がります。

 

自動のツールで一番安い価格引く1円にするのがありますが、嫌ですね。

 

輸出では、この手のツールが、横行しています。

なぜなら、無在庫(在庫を全く持っていない)で販売活動をしている人が、

ものすごく多いからです。

 

値引き合戦になりますね。

 

国内販売でも、新発売のDVDなどは、予約で10枚も20枚も仕入れて、

値段が下がらないうちに全部売りさばきます。

 

こうなると、カートをとらなくてはいけませんから

価格を絶えず細かく変更します。価格改定と言います。

 

カートって、わからないシニアの方がいると思います。

別の機会に説明します。

このページの先頭へ