シニアのみなさん、人の世話なんかならないで、たくましく生きましょうね!

シニアのみなさん、人の世話なんかならないで、たくましく生きましょうね!

シニアのみなさん、人の世話なんかならないで、たくましく生きましょうね! とあえて言います。

 

共倒れと言うのを、NHKのテレビでやっていました。

 

なんの事かと思ったら、

親を介護するために会社を辞めた息子と親が、

共に経済的に行き詰まって悲惨な状態になる事なのです。

 

会社を辞めてまでも親を介護するって、崇高な精神ですか!

 

思いつくのは、独身の男性です。

国に帰って、親の面倒でも見てやるか! 年金も少しくらいあるだろうし!

介護しながら、やれる仕事だってあるだろうから!

 

これって、甘くありませんか!

 

年老いた親の状態は、年ごとに悪くなるのです。

介護に費やす時間がどんどん増えてゆくのです。

そこそこ稼げる仕事なんか、あるはずがない!

 

結婚して、家庭をもって、子供がいたら、

そう簡単に会社は辞められないはずです。

かみさんが許しません。

 

子供夫婦の生活を犠牲にしてまで、

親を介護しなくてもよいのではと、思うのです。

 

介護の費用はかかってしまうかもしれません。

しかし、長い間働いている会社を辞めなければ、

なんとかなると思うのです。

 

そこで、不死身のシニアは言うのです

 

子ども達に対しては

結婚して、家庭を持ちなさい!

親のことなんか、構わなくていいから!

 

私達シニアに対しては

健康で、たくました生きなさい!

こどもに迷惑をかけてはいけないよ!

 

 

不死身のシニアは、現役で働いています。

いつまで働くかが、一番迷うところです。

 

46年もサラリーマン生活をしていると、

働いている方が、肉体的にも、精神的にも、

健康である事には、間違えありません。

 

自営業でしたら、死ぬまで働けばいいです。

自営業でしたら、時間の使い方も、融通がききます。

 

しかし、サラリーマンでは、時間は全く自由になりません。

 

インターネットビジネスに挑戦し始めてから、全く時間が足りません。

ブログを書く時間も足りません。

限られて時間の中で、ずいぶんといろいろな事をやって来ました。

限られて時間だから、時間効率の良いビジネスを、

取捨選択する考えも生まれます。

 

もう少し頑張っていろいろなビジネスを体験してから、

会社を辞めて、インターネットビジネスで食べてゆきましょう。

見ていてください。

 

 

今日の健康の話は、分割睡眠です

 

1時間と5時間で、合計6時間の睡眠をとります。

これでOKです。

 

不死身のシニアは、晩酌をしている暇はありません。

 

晩酌をしなくても、夜の11時過ぎには、眠くなって、

パソコンの前で居眠りが始まります。

 

仕入れのリサーチにしても、ブログにしても、

居眠りが始まると、全く進みません。

 

若いころでしたら、レモンをかじったり、

外に散歩にいったりで、睡魔と戦いました。

今は戦っても負けます。

 

そこで考えたのは、会社から帰って来たら、1時間だけ寝るのです。

何ヶ月か続けると、ぴったし1時間寝る事が出来るようになりました。

こうすると、1時くらいになっても、全く眠くなりません。

面白いものですね。

 

真冬になると、パソコンの前で寝てしまうと、

一発で風邪をひきます。

 

何でも考えて、思いついたら実行ですよ!

 

共倒れは、8月30日の、21時から、NHKスペシャルでやりますよ!

このページの先頭へ