目のケアをしよう

目のケアをしよう

目を酷使していませんか!

自分の目をいじめていませんか!

目のケアをしましょう

 

不死身のシニアは、原因は不明で、目のピントが合わなくなってしまい、

両目とも眼内レンズを入れました。

こんな事から、目をケアするようになりました。

 

目のケアは簡単です。

①疲れたら休む

②紫外線を避ける

③目薬を選んで、1日に1回でいいですから使う

④目に良い食べ物をとるようにする

⑤半年に1回、出来れば3か月に1回目医者に行く

これだけです。

 

疲れたら休む

目のピントをあわせる、毛様体筋が疲れるのです。

筋肉ですから、当たり前です。

特に近い距離でずっと見ていると、毛様体筋は緊張しっぱなしです。

休ませてあげればいいのです。

暗い所で見る、小さな文字を見る、揺れているものを見る、

そんなに、目をいじめないでください。

視神経も疲れます。

 

紫外線を避ける

紫外線は、肌に対しても大敵です。

メガネをかけている人はいいです。

ただ最近のメガネはすごく小さくなりましたね。

 

メガネをかけていない人は、

外出時は、薄い色のサングラス使用でもいいです。

 

白内障の手術は、あまりひどくならない内に実施しましょう。

白内障は、水晶体が濁るので、サングラスをかけているのと同じです。

手術で水晶体を取り除き眼内レンズを入れると

光量が増えて、大変眩しくなります。

屋内でサングラスを使う事になったら、うっとおしくて大変ですよ。

 

目薬を選んで、1日に1回でいいですから使う

不死身のシニアは、いろいろ試しているうちに、これになりました。

目薬サンテアスティ

ピンクの色は、ビタミンB12(シアノコバラミン)です。

ビタミンB12は、毛様体筋に働きかけ、癒やします。

 

強い血管収縮剤の入っている目薬はいけませんよ!

一時的に充血が収まり気持ちよくなりますが、すぐに戻っていまします。

充血する原因をしらべ直さなければいけません。疲れが多いです。

 

目に良い食べ物をとるようにする

色の濃い野菜や果物には、

アントシアニン等の目に良いポリフェノールが含まれています。

濃い紫がいいです。

ブルーベリーやラズベリー、カシス等は、ジャムがいいです

サプリでもいいです。

 

半年に1回、出来れば3か月に1回目医者に行く

目医者さんは、花粉のころを除けばそんなに混んでいません。

検査の費用も、決して高くありません。

割負担で3,000円以下です。

 

眼圧を測定して、緑内障をチェックします。

 

眼底を見て、網膜と血管を見ます。

血管を直視出来るのは、眼底だけです。

動脈硬化による血管の傷みも直視できます。

 

網膜の状態も見てもらえます。

 

 

シニアになれば、目も衰えます。

ケアをして、良い状態で長く使いましょう!

このページの先頭へ