夜行バスでも平気です

不死身のシニアは不死身でしょうか!

不死身では無いけれど、かなり不死身!

1/15夜発、1/18朝着で、横浜から、神戸に行ってきました。

 

往復とも、格安夜行長距離バスです。
夜行バスなんて、若い頃のスキー以来ですから、40年ぶりです。

 

68歳の年寄りには、夜行バスは無理と言われましたが、
想い出作りと言う、軽いノリで参加しました。

しかし、さんざんな目にあいました!

 

1/15 22:20 横浜市 桜木町発 乗り場がわからなくて乗り遅れました。
5100円がパーになりました。

次の、23:00発神戸行きのバスの空き席があったので、4900円で購入。
1万円はとられるのではと思っていました。安いですね。

 

長距離バスの乗り場は、結構分かりにくいので、
バス会社の提供している地図をスマホに入れておく事。
緊急連絡先電話番号をスマホに入れておく事。

連絡をすれば5分位は待ってくれるそうです。

 

このバスの運転手がお粗末です。
大阪の有料道路入り口の200m手前でエンスト、電源が入らなくなって運転不能。
バス

2名の運転手の話

ニュートラルだと思ってクラッチペダルをはなしたら、ガクガクしてエンストしちゃった。
電源スイッチが入らなくて全ての電気が使えなく、エンジンもかからない。
ドアも開けることが出来ない。

 

ドアが開かないなんてありえないよ。ほら非常レバーでちゃんと開くよ。
渋滞が発生しそうなので、パトカーを呼んで交通整理をしてもらおう。

 

1時間以上たって、替りのバスが来て乗り換えました。
9時間半のところ、10時間半で到着。

腑に落ちないのですが!

エンストしただけで、バスの電源が全てダメになるとは思えないですね!

ギヤをニュートラルにして、サイドブレーキをしっかりかければ、
電源は、はいるんじゃないの?

 

長距離バスは、運転手不足ですから、運転手のレベルが低くて、
高速道路と市街地ならいいですけど、一般道の峠越えは、ヤバイですね。

 

運転中にスピードメーターを見ないんですかね?

高速道路でしたら、        90-110Km
一般道で広い片側2車線でしたら、  50-70Km
一般道で広くない片側1車線でしたら 30-50Km
一般道でセンターラインのない道路でしたら 30-40Km
一般道で片側1車線の峠道でしたら  40-60Km

スポーツカーでしたらもっと早く走れますが、
トラックや、重心の高いバスでしたら、早く走るのは、
危険だし、運転が疲れるだけです。

バスがカーブを飛ばしたら、後部座席の人はたまらないですよね。

帰りも大変でした

1/17 20:30発横浜行きバスは、ちゃんと乗れました。

ところが雪で、東名の横浜インターを降りることが出来ません。
9時間のところ、12時間かかりました。

1/16に泊まったホテルは、すごく良かったです!

舞子ビラ神戸ホテル

シーサイドホテル 舞子ビラ神戸 です。

結婚式でも結構使われるらしくて、素晴らしいです。

 

舞子ビラ神戸ホテルの部屋から
部屋からの眺めも最高です。
セントラル短資FX クラブオフの会員サービスで、食事無しですが、一泊4,000円でした。

夜行長距離バス利用の極意

乗り場を事前にしっかり確認して、スマホに入れて置く。

緊急連絡先電話番号を、スマホに入れて置く。

防寒対策と喉を守るマスクを持って行く。

マスク

このマスクはすこくいいです

中途半端に酒を飲まないほうが、よく眠れる。

あまりケチらないで、広くて安全なバスを選ぶ。

 

 

 

夜行バスはキツイと思っていました。

しかし結構寝れたし、安い事は確かです。

でも、運転手が下手くそではヤバイですね

このページの先頭へ