敬老の日

敬老の日

敬老の日

高齢化社会の中で、高齢者は何をすべきなんだろうか

不死身のシニアは、いつも言います。

死ぬまで元気で、無駄な医療費を使わないで、

ころっと死ぬよ って。

日本の高齢者

2014年9月15日 敬老の日

総務省のまとめによると、

 

日本の人口に対して、

65歳以上は25.9%で、4人に1人、

75歳以上は、12.5%で、8人に1人です。

 

もちろん、女性の割合が多いです。

女性の方が長生きですから。

 

高齢者(65歳以上)は、働いでいるのか。

2013年のデータですが、

就業率は、20.1%で、5人に1人が働いています。

これは、主要8ヵ国で、最も多い。

 

働かないと、食べて行けないんです!

全ての働いている人に対して、高齢者(65歳以上)の割合は、

10.1%で、10人に1人です。

このデータから、何を感じ、何を思いますか?

①ひどい世の中だな~!

こんなに歳を取っても、働かなきゃ、いけないなんて!

生活費が足らないよ!

 

②困ったな~! 身体が動かなくて、

働く事も、遊ぶ事も出来ない!

③困ったな~! 身体は、ぴんぴん動くけど、

頭が、くるくるバー見たいで、とても仕事にならない。

 

不死身のシニアはどうでしょうか。

①に該当します。働かないと、生活費が足らないです。

そんな贅沢は、望んでないのですが。

 

②は該当しません。おかげさまで、身体はぴんぴん動きます。

但し、いろいろ気を使っています。

それは後で、くわしく話しますよ。

 

③は該当します。

覚えるそばから、忘れてしまう。困ったものです。

認知症、軽度認知症、認知症予備軍・・・・

 

呼び方なんて、何でもいいです。

この、物忘れ、何とかして欲しいです。

 

いろいろ、ありますね~!

この安全な日本に住んでいる限り、いやでも長生きしてしまう。

インターネットの世界っておもしろい

どうですか!

不死身のシニアと、ブログやメルマガでお付き合いしませんか!

このページの先頭へ